なぜ猫は箱の中が好き?

なぜ猫は箱の中が好きなのか?

段ボール箱が好きな猫

 

宅急便で荷物が届いた際に、中身を取り出して空になった段ボール箱をふと見ると、空箱の中にすっぽり入ってご満悦といった猫の姿を見かけたりします。

 

猫はみんな箱が好きというのは、飼い主さんたちにとっては周知の事実だと思いますが、ではなぜ猫たちはそんなに箱好きなのでしょう?

 

 

実は、ネコ科の動物はみんな箱が大好き。

 

ライオンもトラもチーターも、段ボールに限らず とにかく箱があれば何でも入ってしまいます。

 

 

これは猫の本能的な習性によるものですが、大きな理由としては主に2つがあげられそうです。

 

 

まず1つ目は、狩りの時に獲物から見つからないようにするためだそう。

 

猫は待ち伏せ型の捕食動物なので、物陰に身を隠して近づいてきた獲物を捕えます。

 

家の中にいても、玩具にじゃれつく前に物陰に隠れてみたり、突然どこからか飛び出してきて足などに絡まりついてくるなんてことがあったりしますよね。

 

これは狩りの練習をしているんだとか。

 

猫たちは、どこか隠れやすくて獲物がよく狙えるところはないかと 落ち着けるお気に入りの場所を探しているのかもしれないですね。

 

 

そして2つ目は、隠れることで危険から身を守るためなのだそう。

 

猫は、犬などとは違って群れを作らずに単独で行動する動物なので、他の群れを作る動物よりも警戒心が強いといわれています。

 

また、肉食動物の中でも体が小さいので、他の肉食動物から襲われることも多いのだそう。

 

だからこそ、防御本能として箱に隠れていると安心いう意識が働いているのではないかと考えられるようです。

 

 

また、猫は1日のうち約2/3を寝て過ごしています。

 

寝ている時間は体が無防備になるので、襲われる危険性も高くなります。

 

家の中で飼われていても、ご飯を食べ終わるといつのまにかどこかに隠れて寝ているということが多いのはこのためです。

 

そう考えると、猫にとって身を隠すというのは、ごく当たり前で自然な行動だといえます。

 

 

病院や預け先などから帰ってキャリーバッグの中から猫を出すと、ベッドや机の下にもぐったりキャリーバッグの中に戻ったりすることがありますが、これも猫の防御本能によるもので、急に広い場所に出されたことで自分の身を守るために、まずは隠れるという意識が働いていると考えられるのだそうです。

 

 

何処にも隠れられる場所がないと猫はより強いストレスを受けることもあるようで、保護施設などでも、猫のケージの中に身を隠すための箱を入れてやると、隠れる場所がない猫に比べてストレス行動が大きく低下するという報告があるのだそうです。

 

 

中でも、猫は自分の体のサイズと同程度の小さな箱を好みます。

 

猫は全身を毛に覆われているため、かなり細身の体型をしています。

 

また、関節が柔らかく体を箱の形に合わせることができるため、ピッタリサイズの箱の方が落ち着くのだそうです。

 

 

猫が箱に入っている姿はとても愛らしくてかわいいですよね。

 

その上、箱の中に入ることでリラックスしているというのなら、飼い主さんにとっても嬉しいことですね。

 

猫が気に入る箱が見付かった時には、処分せずにぜひ部屋に置いてあげて下さい。