犬の視力は?

犬の視力

犬の視力と色彩

 

 いきなりですが、皆さんの傍にいる犬は、どれくらい離れてもあなたを目で判別できると思いますか?

 

 もちろん犬種によってまちまちではありますが、おおよそ平均「3m程度」と言われています。

 

 それ以上離れた場合、厳密にはぼやけて良く分かっていない。

 

 ただ、犬の嗅覚は優れていて、何かを認識する時には匂いと音を参考にしています。もしも犬が人間のように匂いに鈍感だったとしたら、きっと近くまで行って(3m位まで近寄って)人違いに気が付くことでしょう。

 

 さて、では色調はどんな感じで見えているのか!?

 

 そもそも目には、色を感じるセンサーがあります。これを色彩感覚といいますが、人間の場合は、3原色(赤・緑・青)の合成で見えており、犬などの大部分の哺乳類は2原色(赤・青)、鳥や昆虫は4原色(赤・緑・青・透明(紫外線))で見分けています。

 

  さらに解剖学的には、人の目の視神経は120万本に対し、犬は17万本。つまり人間の方が約7倍神経の密度があります。要するに、人の目がどれだけ優れいるかというところ。

 

 

  犬の苦手な色は「赤」です。ですから、「赤のボールで遊んだら目立つので分かりやすいのではないか?」と考える人間の感覚は全くの正反対。

 

  参考までに、犬の目には全体的に赤色が弱い、下のように見えているようです。

 

 

 

犬の目